テンプレート編集の基本的なことについてはこちらを参照ください。
XCUG カスタマイズマニュアル

xCCK も、XOOPS の大半のモジュールと同様、テンプレートを使っています。
ただし、他のモジュールと違うのは、項目がサイト管理者によってまちまちで、増えたり減ったりするため、、テンプレートもそれに合わせたものになっている、ということです。
もし管理者が項目を増やせば、自動的にその項目は表示されます。便利ですね。

しかし、その代わり、テンプレートのカスタマイズが単純にはいかなくなりました。
サイト管理者が設定した項目は、以下のようなテンプレートで処理されます。

<{foreach item=definition from=$definitions}>
<{if $definition->get('field_type')!='startdate'||$definition->get('field_type')!='enddate'}>
  <dt><{$definition->getShow('label')}></dt>
  <dd><{$object->showField($definition->get('field_name'), 2)}></dd>
<{/if}>
<{/foreach}>

設定した項目が一つだろうが100あろうが、これだけです。

思うとおりに項目を表示 anchor.png

これを思うとおりに変更しようと思ったら、フィールド名を使って以下の様にテンプレートを編集します。

ラベル(項目名)

<{$definitions.yourfield->getShow('label')}>

<{$object->showField('yourfield', 2)}>

「2」は固定です。そういうもんだと思ってください。

Page Top

一括して項目を入れ替える anchor.png

たくさん項目を設定したので面倒だ、という方は、管理画面の xCCK に「展開済みテンプレート」というメニューがあります。これを開くと、コピペして使えるコードが表示されますので、これを xCCK のテンプレートに貼り付けてください。

Page Top

制約 anchor.png

当然ですが、この編集を行うと、項目を後から追加しても、自動的にはテンプレートに表示されなくなります。ご注意ください。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 2721, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2011-08-10 (Wed) 14:39:39
Last-modified: 2011-08-10 (Wed) 15:01:29 (JST) (2899d) by admin