Tips/Customize anchor.png

Page Top

指定したカテゴリのページ一覧を表示する anchor.png

index.php?action=PageList&category_id=1
Page Top

指定したカテゴリ以下のページ一覧を表示する anchor.png

index.php?action=PageList&category_id=1&child=all
Page Top

デフォルトの並び順を指定する anchor.png

一覧表示などの画面において、データをどのような順番に並べて表示するかを指定できます。
管理画面の一般設定から、「一覧表示の並び順」欄に並べ替えに使うフィールドの番号を指定します。どのフィールドがどの番号にあたるかは、同じく管理画面の「並び順指定」メニューで確認することができます。
よく使う番号は、

  • 8:表示順
  • -10:登録日(新着順)
  • -11:更新日(新着順)
    などでしょう。マイナスの数字を指定した場合は降順(値の大きなものから順番に表示)になります。
Page Top

モジュールトップの表示画面を指定する anchor.png

通常、モジュールのトップ画面は PageList アクションの処理結果になっています。
モジュールのトップ画面を例えば PageSearch アクションに変更したい場合は、管理画面の「一般設定」の中の「モジュールトップのアクション名」で Search を選んでください。

Page Top

デフォルトのクエリを指定する anchor.png

モジュールのトップで、例えば特定カテゴリに絞ったデータを表示させたい場合は、デフォルトのクエリを指定することで対応できます。
デフォルトのクエリは、管理画面の「一般設定」の中の「デフォルトのリクエストクエリ」に指定します。例えば、カテゴリIDが4のデータを表示したい場合は、category_id=4 と設定します。

モジュールのトップで一覧ではなく特定のページを表示したい場合は、一つ前の Tip である「モジュールトップの表示画面を指定する」と組み合わせます。一般設定の「モジュールトップのアクション名」で View を選び、「デフォルトのリクエストクエリ」に page_id=2 のように指定します。これで ページID=2 のページがデフォルトで表示されるようになります。

Page Top

フィールド定義の権限 anchor.png

デフォルトでは、フィールドの定義はサイト管理者(Site.Owner)のみが行えます。
それ以外の権限でフィールド定義を変更できるようにしたい場合は、xoops_trust_path/settings/site_custom.ini を利用してください。信頼できるユーザ以外にはこの権限を与えることがないよう気をつけてください。
以下の例は、blog というディレクトリ名の xCCK モジュールで、登録ユーザにフィールド定義をさせたい場合の設定です。

[blog.Definition]
editor=Site.RegisteredUser
Page Top

画面遷移 anchor.png

データ登録後の画面遷移先は、通常登録したデータの詳細表示(view)画面となります。
次々とデータを登録したい場合は、詳細表示ではなく一覧表示に戻ると便利でしょう。一覧表示画面に戻したい場合は、管理画面の一般設定で、「編集後の移動先」に list(またはsearch)を選んでください。
さらに複雑な戻り先(特定カテゴリに絞った一覧画面など)を指定したい場合は、デリゲートポイント Module.{dirname}.Event.GetForwardUri.Success を利用することができます。$object(Xcck_PageObject)が渡されますので、これを使って戻り先のURLを組み立てて $uri にセットします。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 2611, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2011-07-11 (月) 19:06:03
最終更新: 2011-10-14 (金) 18:06:04 (JST) (2195d) by admin