サブテーブルを作ってみる anchor.png

xCCK を複数インストールすることで、親子関係を持ったデータを設定することができます。この「子」の方を、「サブテーブル」と呼んでいます(親のほうを「メインテーブル」と呼びます)。
一つのメインテーブルに対して、複数のサブテーブルを設定することができます。

例えば、「商品」(値段、商品説明、メーカー、発売日)に対して「サイズ」(寸法、重さ、追加価格)サブテーブルを設定することができます。

submodule.png

Page Top

サブテーブルの設定 anchor.png

サブテーブルは、サブテーブル用の xCCK モジュールをインストールして利用します。ちょっと面倒ですが、おかげで親テーブルとは別のフィールド項目を持たせることができます。

サブテーブル用の xCCK をインストールし、フィールドを定義したら、サブテーブルの管理画面(一般設定)で「メインテーブル」項目にメインテーブルのディレクトリ名を入れてください。

mainmodule.png

これで設定は完了です。
次にメインテーブルのページの詳細画面を開くと、「データの追加」リンクが表示されるようになります。
これをクリックすると、サブテーブル用のデータを入力して追加することができます。

addsub.png


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 3143, today: 1, yesterday: 1
Princeps date: 2010-12-24 (Fri) 17:53:18
Last-modified: 2011-01-15 (Sat) 16:31:05 (JST) (3106d) by admin