ページへ戻る

− Links

 印刷 

Menu​/themes​/generator のバックアップソース(No.3) :: XOOPS Cube Developer Site

wiki:Menu/themes/generator のバックアップソース(No.3)

« Prev[4]  Next »[5]
*テーマ生成ツール Themaker [#i2e78c99]

[[Themaker>http://jp.xoopsdev.com/modules/themaker/]] は XOOPS Cube Legacy のテーマの''雛形''を生成するモジュールです。
セレクトボックスで選択することで、以下のようなカスタマイズが可能です。

-HTMLタイプ(xhtml)
-レイアウト(Grid)
-トップページのカラム数(1, 2, 3)
-サブページのカラム数(1, 2, 3)
-カラースキーム(http://colorschemedesigner.com/ で作成)
-センターカラムの位置(コンテンツ下部/フッタ)

**テーマの作り方 [#le1e6cd8]
+http://jp.xoopsdev.com/modules/themaker/ で、『テーマを作る』リンクをクリック
+各項目を埋めて「送信」
+モジュール上部のメニューの中に「ダウンロード」というリンクがあるので、クリックしてダウンロードして下さい。

**拡張計画 [#d6c74f1a]
***HTMLタイプ/バージョン [#iedf70cc]
今のところ、HTML タイプは xhtml しか選べませんが、html5 のテーマも出力できるようにしたいと考えています。

***レイアウトタイプ [#r4052c08]
レイアウトタイプも 960px 幅のグリッドレイアウトしかありませんが、Responsible レイアウトなども取り入れていきたいと考えています。
また、おなじグリッドレイアウトでも、各要素のマージンやメニューの位置などを変えたバージョンがあってしかるべきだと思います。

***カラーパタン [#ybee180a]
カラースキーマの作成には http://colorschemedesigner.com/ を利用していますが、これで作成した色をどの要素に当てはめるかでも沢山のバリエーションを作ることができます。たとえば、カラーパタン light では、1-2色のカラーセットの場合、ブロックタイトルの背景色には primary-5 を当てはめています。

****独自のカラーパタンを作成する [#vcf42063]
独自のカラーパランを作成することも出来ます(上級者向け)。
以下の Google Docs の Worksheet にカラーパタンを記述してください(Google アカウントがあれば誰でも編集できると思います)。

https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AnciFICRNnxEdEoxU08xOWdoVGF4YW1HZkota3FFR1E&hl=ja#gid=0

いまは light というワークシートがあるので、これをコピーして変更するといいでしょう。
B-E列の2行目以降の primary-1 とか secondary-a-3 というのが、 Color Scheme Designer でエクスポートしたときの color の id です。
A列が、当てはめるスタイルシートの名前を書いてあるのですが、bgcolor-block-title とかいった名前からなんとなく推測してください ^ ^;;

***画像 [#ld7aa70d]
いま生成されるテーマでは画像を使用していません。どうやるか全く考えていませんが、画像もセットにして配布できたらいいなと思っています。


« Prev[4]  Next »[5]